腰痛改善グッズ選びのコツ

腰に痛みを感じているのであれば、まずは腰痛改善グッズの使用を考えてみましょう。腰痛改善グッズには、マッサージ機などいろいろなタイプがあります。特にマッサージ機には本格的なタイプの他に、手軽に使用できる小型タイプなどが用意されています。腰痛改善グッズとしてりようするのであれば、まずは手頃な価格で販売されている小型の商品を選んでみるのも良いでしょう。

 

腰に直接当てることができますし、痛みのある部分のコリを解消するのにも向いています。小型のマッサージ機なら数千円で購入することも可能なので、お試しとしても最適と言えるでしょう。腰痛改善グッズとしては、もちろんマッサージ機以外にも多くの商品があります。腰を温めたり電気を発生させたりとダメージを緩和させるために役立つ商品が数多く開発されているからです。

 

まだ利用したことがない人は、まず商品のパンフレットを見たりしてどんな機能がついているのか確認することも最適です。パンフレットには主な機能だけでなく、どのくらい使えるのかなど詳しい内容も載っています。特に腰痛は個人差があり、痛みによって利用するべきアイテムも変わってきます。できるだけ自分に合った商品を見極めるためには、家電量販店などのお店でサンプルを使用してみることも適しています。自由に使える場合もあるので、お店で気になるアイテムを探してみるようにしましょう。手軽に使うことができるので、お得に商品を確認できます。

予防目的なら専用のものを

コルセットやサポーターは患部を固定することにより負担を軽減する腰痛改善グッズです。いずれも腰の部分をサポートする腰痛改善グッズであることに変わりはありませんが、前者は主に医師の判断の元で使用される医療用のものを差すのに対し、後者は一般的に販売されているものを差すことが多くなっています。ぎっくり腰を始めとする急性腰痛は痛みも強く、少しの動きでも響いてしまいます。

 

このような腰痛に対してはしっかりと患部を固定できる、サポート力の強いものが適しています。医療機関で処方されるコルセットを使用するか、固定部が二段式になっているサポーターを使用すると良いでしょう。急性期と比べて鈍い痛みが長期間続くのが特徴の慢性腰痛の場合には、日常動作を妨げないようにしながらも腹部や背中の筋肉を支えられるものが最適です。痛む部位が腰の上の方であれば広範囲をカバーできるものを、下部が痛むようであれば骨盤のすぐ下に巻きつけて使うやや細めのタイプの腰痛改善グッズを使用するのが良いと言われています。

 

普段から腰に負担のかかりやすい職業に就いているという方は腰痛発症時用のものとは別に常時装着用のサポーターを購入し、使い分けると良いかもしれません。一部を除いて、コルセットやサポーターは予防目的で使用する腰痛改善グッズではありません。痛みが気になる時や腰に違和感が生じている時など、何らかの症状が出ている時のみ装着することで、腰回りの筋力を衰えさせる心配をせずに使うことができます。

おすすめの記事