妊娠時の腰痛は痛みとムレを防止

妊娠してお腹が大きくなると、自分の体を思うようにコントロールできず、気づかないうちに腰を痛めることがありますよね。運転やデスクワークなど長時間座っているとき、はじめは小さな痛みですが、だんだんと慢性化され、長時間同じ姿勢を保てなくなってしまいます。また、長時間座るとお尻から背中にかけて汗をかき、ムレてくることがあります。

 

長時間座っても、疲れず、痛みから解放され、さらにムレを防止してくれる腰痛改善グッズを使うと良いようです。妊娠すると体内のホルモンバランスが変化し、基礎体温は高温期が続きます。ただでさえ身重なのに汗をかきやすくなります。腰痛改善グッズを活用し、安心で快適なマタニティライフを過ごしましょう。腰痛改善グッズは、インターネットショッピングなどで売っているメッシュタイプの腰あてを活用しましょう。

 

腰あては背骨のカーブに沿って作られています。さらに適度なクッション性があるものを選ぶと、長時間のデスクワークや運転席で快適に座ることができます。今は、医療用の腰あてサポーターというものもあります。痛みがひどい場合は医療用の腰痛改善グッズを探してみてください。腰痛は背骨の腰の部分にある「腰椎」がゆがみ、周辺の神経を圧迫することで起こります。腰痛から背中、肩こり、頭痛まで痛みが広がってしまう恐れがあります。腰痛改善グッズの価格はさまざまです。ぜひ、保証サポートなどを利用して、一度ご自身で使用してみて、自分に合った腰痛改善グッズの購入をおすすめします。

ぎっくり腰には痛み緩和のお助けグッズ

突然襲う、腰を刺すような痛み。急な腰痛やぎっくり腰になってしまった時に使える腰痛改善グッズの主なものに、腰痛ベルトや骨盤ベルトがあります。こちらはドラッグストアで手に入りやすいのも一つのメリット。どうしても外せない用事や仕事がある時に痛みを緩和してくれる腰痛改善グッズの一つです。 

 

まず選ぶ際に注意するのは、使う人自身に合ったサイズであるかということです。ベルトのような腰痛改善グッズはサイズが合っていないと効果的な腰のサポートができません。一つ購入したら家族で共有したい所ですが、使う人自身に合ったサイズのものを選び使うようにしましょう。 また、痛めた部位(ウエストよりも上か下か)や痛み方(痛みの強さ)によってベルトの幅や素材を変えることも必要です。例えばウエストよりも上の位置が痛む場合は幅の広いベルト。逆に幅の狭いものは、ウエストよりも下の位置にある骨盤や股関節に近い部分を締めるのにむいています。 

 

次にベルトの素材についてですが、伸縮素材のベルトや通気性が良いメッシュ素材になっているものがあります。全体がゴムのような通気性の悪いものですと、夏の暑い時期は特にあせもになりやすくなってしまいがちなので注意しましょう。 ベルトをこれから購入する所ならば、試着して痛みの緩和具合や自身の付け心地を試してから購入したい所です。しかし、その試着ができない場合もあります。その際には、家にある腰に巻けそうな長めの布を用意しましょう。用意した布を、まずウエスト位置で巻き付けてみます。これで腰痛が楽になるようであれば、幅が広いベルトの方が合っているという一つの目安にすることができます。 こういった布も腰痛改善グッズを買いに行く時間や余裕が無い時など、ベルトの代わりとして代用することもできます。布やベルトも常備薬のように家に用意しておくと、万が一の時に安心です。

ヘルニアで痛みを感じたら

腰痛改善グッズには様々なものがあります。そのグッズを用いることで腰回りを動かして筋肉のストレッチや増強を図るもの。こういったグッズは腰痛改善グッズではありますが、どちらかというと予防や改善を目的とするためのものだと考えられます。腰に痛みが生じたときに直接的に腰に作用して、体への負担や痛みを軽減するものの代表的なものはコルセットです。

 

これを無くして腰の痛みを軽減することは考えにくいです。ヘルニアの症状を簡単に説明すると、日常生活の中で、立ったり座ったり、荷物を持ったりと、腰を動かす動作がたくさんあります。その使い方によっては、背骨と背骨の間にひずみが生じて変形して神経を刺激してしまうと痛みが生じます。おおまかにこういったことをヘルニアと言います。ヘルニアなどの腰に痛みを感じたときは、その部位の酷使がおおよその原因なので、その腰痛改善グッズとしてコルセットの使用が一般的です。

 

腰痛改善グッズはたくさんありますが、まず痛みを生じさせないためには痛みが出ない姿勢を崩さないことです。そのためにはコルセットで固定することが一番有効です。固定してしまうので、体の動きは制限されてしまいますが固定しない状況に比べると非常に楽になります。コルセットは腰の完全な固定になってしまうので、治療の過程と相談しながらですが、常時の使用になると腰回りの筋力の弱体化にもつながるのでバランスよく使います。そして、並行して姿勢の矯正や、筋力トレーニングをしていくことで痛みを改善していけます。

おすすめの記事